NORTH COURSE

最も難易度が高いと言われている北2番ホールを擁する北コース。
しかし、飛距離の制御と、グッドポジションが、ビックスコアへの扉を開きます。

豪快な打ち下しのミドルホールから始まる北コースは、
全27ホール中、最も難易度が高いと言われている、北2番ホールを擁します。
しかし、全体的な距離は3コース中最も短く、ティーショットを上手にさばけば、ビックスコアも期待できます。
いずれのロングホールも、ロングヒッターならばツーオンが狙え、挑戦意欲を掻き立てるレイアウト。
もちろん、手堅く攻めても面白さは損ないません。
うねるフェアウェイのどこへ置くか?ポジショニングの正否と、あらゆるライからのショット力への挑戦が楽しめます。

攻略指南

コース North course

Hole 1

北1番ホール

PAR4

HCP8

豪快な打ち降ろしで距離の短いミドルホール。ロングヒッターは打ちこみ注意。

ティーショットはAグリーン、Bグリーン共にフェアウェイのやや右サイドがベストポジション。
ティーイングエリアからは右が浅く見え、左にミスが出やすいが、怖がる必要はない。
右も山を越えればセーフゾーンは思いのほか広いし
カート道左のラフに落としても、グリーン方向へ距離感重視で運べれば、パーセーブへの希望は十分にある。
ティーショットが狙い通りならば、セカンドショットはショートアイアンからウェッジ。
ピンに絡めてバーディチャンスに付けたい。

攻略ポイント!

1打目

FW右サイドがベストポジション。打ち降ろしを豪快に。

2打目

左下ラフや右ラフからでもパーセーブの希望はまだある。ピン下へつけたい。

グリーン

ABとも受けグリーン。奥からは難しい。

Hole 2

北2番ホール

PAR4

HCP2

距離のあるミドルホール。27ホール中屈指の難易度と言われている。

特にバックティ、Bグリーンでのパーオンは、ティーショットで距離と方向の双方が揃っていないと至難。
ティーショットは右の山裾からドローで距離を稼ぎたい。
左右が狭く、プレッシャーがかかるが、右の山裾を越えれば、右方向は開けている。
逆に左は危険。浅く長いOBラインが待ち受けている。
ティーショットのベストポジションはFWバンカーを避けた、フェアウェイ右サイド。
グリーンは、ABグリーンとも砲台になっており、残り距離には打ち上げを計算。
ティーショットで距離が稼げなかった場合は、無理せずボギーオンに切り替えるのが無難だ。

攻略ポイント!

1打目

左右が狭いが、右山すそを抜ければ右は多少開けている。左は危険大。

2打目

砲台のグリーンへ打っていくので、表示より距離は大目に。ティーショットの距離が出ていなければボギーオンに切り替えよう。

グリーン

ABとも受けグリーン。Aグリーンは右奥にマウンドがあり、ピン位置を確認してアプローチしたい。

Hole 3

北3番ホール

PAR3

HCP5

レギュラーティで160ヤード程のショートホール。グリーンは砲台。

Aグリーン、Bグリーンで難易度がかなり違う。
Aグリーンの場合は縦の距離感重視。左右のブレは大けがになりにくく、寄せワンの希望も十分にあるし、左右に配されたガードバンカーの難易度も低めだ。
一方Bグリーンでは、グリーンの右側に多くのトラブルが潜む。
右崖下、右手前のバンカーともに、落としたらボギー以上を覚悟する必要がある。
アベレージゴルファーではトリプル以上もあり得るので、右へのミスを消したショットを打ちたい。グリーンとグリーンの間へ打っていくのが手堅い戦略だ。

攻略ポイント!

1打目

Aグリーンは縦の距離感重視。Bグリーンは右方向にトラブル多数。

グリーン

AB双方受けグリーンだが、特にAグリーン手前は傾斜がきつい。写真のバンカーに入ったら脱出を優先で。

Hole 4

北4番ホール

PAR5

HCP1

グリーン手前にクリークのある、緩やかな左ドッグレッグのロングホール。

セカンド地点からクリークまでは打ち降ろし、クリークからグリーンまでは打ち上げる。
ティーショットは目標旗、又は鉄塔方向で良いが、フェアウェイ右サイドがセカンドショットを打ちやすい。
セカンドショットは方向性に注意。周囲の景色に方向を惑わされやすく、左にも右にもミスが出やすい。パーオン狙いなら、確実にクリーク手前の平坦なライに置きたい。
ロングヒッターならば、ティーショットがフェアウェイセンターの桃の木付近まで届くため、充分ツーオンを狙える。
やや左足下がりとなるライを見極めて、グリーンを狙いたい。

攻略ポイント!

1打目

目標旗、または遠く見える鉄塔を狙う。フェアウェイセンターよりやや右がベスト。

2打目

グリーン手前のクリークに入れないよう、番手を選びたい。左右のミスに注意。

3打目

クリークから打ち上げているので、表示距離から修正を。

グリーン

AB双方受けグリーン。Aグリーンは右手前にマウンドがある。

Hole 5

北5番ホール

PAR4

HCP4

距離の短い左ドッグレッグのミドルホール。

レギュラーティからのティーショットは180ヤードほどで十分。
ティーショットは打ち降ろしとなり、コースの左端にある目標樹方向を狙いたい。
ドッグレッグをショートカットし、フェアウェイセンターに運べる。
ロングヒッターはワンオンも狙えるが、リスクの割に見返りが大きいとは言えない。
ティーショットが狙い通りならば、セカンドはショートアイアンからウェッジの距離。
グリーンへは打ち上げの砲台グリーン。
距離感重視でグリーンを捕え、バーディチャンスに付けたい。

攻略ポイント!

1打目

コース左端にある目標樹の上を抜いてフェアウェイセンターへ。

2打目

グリーンへ打ち上げていくが、ライも見極めて距離の修正を。

グリーン

AB双方受けグリーン。特にAグリーンは手前が鉄則

Hole 6

北6番ホール

PAR4

HCP7

ほぼ直角に左へドッグレッグする距離の短いミドルホール。

ロングヒッターがハイドローや大きなフックを打つと、グリーンに届くので、打ちこみに注意。
ティーショットは、レギュラーティからならば、180~200ヤードほど打てば十分。
ティーショットが狙い通りならば、セカンドショットはショートアイアンからウェッジ。
双方のグリーンにはガードバンカーがあるものの、プレッシャーになるほど気になる配置ではない。
しかし、セカンド地点のライと砲台のグリーンが曲者。
よくライを見極めて打たないと、思わぬミスが出てバンカーの餌食になる場合や、距離感を狂わされてグリーンからボールが奥に手前に転がり落ちることも。
バーディチャンスのはずが・・・・とならないよう、慎重に距離とライを見極めたい。

攻略ポイント!

1打目

直角のドッグレッグの曲がり角へ。レギュラーティから180ヤードほどでOK

2打目

球の置かれたライに注意。距離感を狂わされないように。

グリーン

Aグリーンはお椀状、Bグリーンは微妙なアンジュレーションがある。

Hole 7

北7番ホール

PAR3

HCP9

ピンの位置で難易度がかなり変わる、谷越えのショートホール。

距離表示はAB双方のグリーンで同じだが、Bグリーンは砲台が強く、キャリーでグリーンを捕える必要がある。
ピン位置で難易度がかなり変わり、ピンが奥ならば恐れることなく突っ込みたいが、ピンが手前に切られている場合、AB双方とも注意。
Aグリーンの場合は、手前にショートしてもかまわないくらいの戦略もあり。
Bグリーンの場合は、高さで止める球が要求される。
ピン奥に付けてしまったら、バーディどころかボギーの危険信号。
パーセーブに全力を尽くす必要がある。
なお、Bグリーンのガードバンカーは、入れたらボギー以上を覚悟し、脱出を最優先。

攻略ポイント!

1打目

ピン位置に注意。手前にある場合、ピン奥、ピン横は3パットの黄信号。

グリーン

受けグリーン。特に手前は傾斜が強い。ピンが奥なら恐れることなし。写真のバンカーに入れてしまったら脱出優先で。

Hole 8

北8番ホール

PAR4

HCP6

やや打ち上げていく、ストレートなミドルホール。
(ドラコン推奨ホール)

冬の空気が澄んでいる時季ならば、セカンド地点から右手に富士山が望める。
フェアウェイも広く、ストレートなので、爽快にドライバーで飛ばしたい。
ティーショットは目標樹の左側がベストポジションだが、風は左から吹きやすい。
距離もそれほどなく、目標樹を越えていればセカンドはウェッジ。
越えなくともショートからミドルアイアンでグリーンを狙える。
Aグリーンであれば、果敢にピンを狙い、バーディチャンスに付けたい。
Bグリーンの場合はピン位置に注意、特にグリーン左側にピンがある場合、乗せる場所をよく考えないと、3パットの危険性大。

攻略ポイント!

1打目

FWセンター目標樹の左側がベストポジション。豪快に。

2打目

やや打ち上げだが、距離は短い。

グリーン

Aグリーンは微妙なアンジュレーション。Bグリーンは左に傾斜している。

Hole 9

北9番ホール

PAR5

HCP3

打ち降ろして打ち上げる右ドッグレッグのロングホール。

ティーイングエリアからは遠く駿河湾が望める。
ティーショットは正面に見える1つ目のフェアウェイバンカーの左がベストポジション。
セカンドショットは左足上りのライから打ち上げとなる。
ロングヒッターならば、2つ目のバンカー上まで運べ、そうするとツーオンが見えてくる。
セカンド地点からの打ち上げを登りきると、グリーンまでは平坦でストレートなレイアウト。果敢にピンを狙い、バーディチャンスに付けたい。

攻略ポイント!

1打目

FWバンカーの左がベストポジション。

2打目

FWセンター方向へ。打ち上げとなるので番手は大きめで。

3打目

グリーンまでストレート。FWは平坦。果敢にピンを狙いたい。

グリーン

ABグリーンとも受けグリーン。ピンの手前から。