レッスン

Webレッスン

グリップとアドレス

ゴルフでは、「グリップ」と「アドレス」 この2つが最も重要なポイントになります。

  • 1)グリップ
  • グリップは人それぞれ違いますが、近年ではスクウェアよりもフックブックが主流となっています。私がレッスンしている中で多く見られる傾向としては、写真1のようにグリップのメーカーラインに揃えて、左の親指をのせている人が多いようです。写真2のように左の親指はクロスしているほうが自然と強く力が入ります。どのくらいクロスさせるかは人によって異なりますが、その良い見つけ方としては左手だけで実際にボールを打ってみると良いでしょう。片手でスウィングしようとすれば、無理な握り方はしませんし、それでボールをまっすぐ飛ばそうとすれば自然とバランスの良い握り方になってくるはずです。左手の位置が決まったら、左手の親指に右手の生命線を重ねてあげれば完成です。
  • 2)アドレス
  • アドレスにおいて最も重要なのは「向き」です。多少のオープンスタンスは構いませんが、右を向いてクローズになってしまうのは良くありません。(写真1)
    打っていく方向とクロスしてしまうとボールの方向性が悪くなります。次に重要なのは手と体の間隔です。広すぎても狭すぎてもいけません。グリップの位置は、目安として体からこぶし2個前後が理想でしょう。(写真2)
FGCメルクラブ
FGCメルクラブ
藤枝ゴルフクラブ
求人案内
求人案内

Page Top